2011年06月06日

発表会終了

昨日は、とおんきごうの会の発表会でした。
場所は、いつもの碧南市芸術文化ホールのエメラルドホール。
今回は、ソロを1曲と、みんなで合奏を3曲、演奏しました。

ちなみに、私はソロとして、ラフォリア(コレルリ:鈴木教本アレンジ版)を弾きました。
結果は、、不本意な箇所も多数ありましたが、まあ、これが今の実力だなぁ、という出来。
相当緊張してしまって、いつも以上に速いテンポをとってしまい、自分で自分の首を絞めてしまった。。。。
練習以上の演奏が出来る事は、もちろんないのですが、もう少し何とかなったのかなと、反省ですね〜

ただ、人前で演奏すると、自分を見直す機会になりますし、また頑張ろうと気合いも入りますので、良かったです。

ちなみに、合奏の方は、チェロを趣味で習われている方が二人とその先生も一緒に弾いて頂きました。
やっぱり、低音が加わると、いいデスね〜
合奏の方は、自分は満足いく演奏が出来たので、楽しかったです。

その後の打ち上げは、息子2歳も連れて行ったのですが、バイキングだった事もあって、大はしゃぎで食べまくり&小学生のお姉さん達にかわいがってもらえて、大興奮でした。
どう考えても、親より食べていたような。。。
走り回る息子を追いかけていて、演奏よりこちらの方が、疲れた、かも。
posted by かとう at 12:36| Comment(0) | バイオリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

ギトリスさんに感謝!

来日コンサートの中止が相次ぐ中、現役最高齢(多分)バイオリニスト、イヴリー・ギトリスさんが、被災地を慰問演奏に回られ、チャリティーコンサートを行われるそうです。

東日本大震災・復興支援のためのチャリティコンサート詳細


ご高齢にも関わらず、日本の事、被災地の方々の事を考え、行動して頂けることに、ただただ感謝!

彼の演奏が、一人でも多くの方に、安らぎを届けられるよう、心から願っております。
posted by かとう at 12:26| Comment(0) | バイオリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

ゴールデンウィーク休暇のお知らせ

5月1日から5日まで、ゴールデンウィーク休暇を取らせて頂きます。
よろしくお願いします。
posted by かとう at 17:42| Comment(0) | おもうこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レディ・ブラント売却

”日本音楽財団(塩見和子理事長)は28日、所有するストラディヴァリウスの1721年製のバイオリン「レディ・ブラント」を売却し、日本財団の「東日本大震災支援基金」に寄付すると発表した。”
msn産経ニュースより一部引用)


レディ・ブラント、、、ストラディバリによって製作された当時のまま、ほとんど使用されずに残されていたというバイオリンです。
確か、日本音楽財団さんが、現在の楽器製作家に役に立つようにという目的で購入され、演奏家に貸与はされなかった楽器のはずです。

こういう形での被災地支援は、話題性充分ですし、その落札価格には世界中の注目が集まるでしょう。
ただ、財団が購入してから、実際に楽器製作家が手に取り、勉強する機会は、どの位あったのでしょうか?
少し、気になります。。
posted by かとう at 09:29| Comment(4) | バイオリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

ホームページ リニューアル中です

お店のホームページ、ただいまリニューアル中です。
これまでのホームページ制作には、Dreamweaver MXというソフトを使用してきました。
このソフト、今となっては古いバージョンのものですが、なかなか本格的なもので、一通りの事が出来るのですが、逆に少々手強いところもありました。
私の使用方法だと、もっとお手軽なものでも良いのかな、と。

・・・という訳で、リニューアル中のホームページは、Mac付属のソフト、iWebを使って制作しています。
はじめて使うソフトなので、試行錯誤しながら作業していますが、Appleらしく、直感的に操作できますし、機能も十分そうです。
BiND4あたりを使う事も考えましたが、こちらは機能は満載なのですが、ソフトの動作が重ためだったので、使用はあきらめました。

それにしても、Appleの添付ソフトは、iPhotoといい、iTunesといい、アナドレナイですね〜
posted by かとう at 18:50| Comment(0) | おもうこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

発表会

6月5日の日曜日、バイオリンの発表会に出ます。
とおんきごうの会のメンバー内での発表会なので、間違えても「大人数の観客を前にバリバリ弾く」とはなりませんが、それでも、碧南市のエメラルドホール(室内楽専用で、結構響きの良いホールなんです)を使うので、なかなか気合いの入るイベントです。
しかも、今回は久しぶりの一人1曲。
合奏、アンサンブルではありませんので、なかなかシビレル舞台になりそうです。
最近、きれいな音色で上手に弾きたいという欲が出て来たせいか、人前で弾くの、結構緊張するんですよね〜〜
さらに、ソロなので、頼れるのは自分だけ!(ピアノの伴奏は付きますが。。。)

曲も決まり、レッスンで見て頂いているのですが、まだまだ3合目といったところ。
あと2ヶ月で、どこまで仕上げられるか、自分でも楽しみです。
頑張りマース。

あ、ちなみに、自分の弾く曲ですが、コレルリのラフォリア、です。
篠崎教本の最後にも載っているのですが、この編曲は先生のお好みではないらしく、鈴木教本のものを使うことになりました。

ほんとは、こんな感じで↓颯爽と弾けるとサイコーな曲なのですが、、、これの数段簡単な鈴木バージョンでも、なかなか大変です。。。
posted by かとう at 18:27| Comment(0) | とおんきごうの会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

Mac mini

住所管理やホームページ作成、事故車の写真データなどの管理に使用していたPowerbookG4が、本格的に調子が悪くなってきたので、買い替える事にしました。
これまで、ハードディスクを載せ替える事2回、メモリスロット不調、液晶のバックライトが壊れるなど、それなりにトラブルがあったものの、なんとか使って来きました。
ただ、今回のトラブルは、冷却ファンが動作しないというもの。
しばらく使っていると本体がかなり熱を持って、再起動してねという表示が!
さすがに、もうそろそろ引退させてあげようという事で、Mac miniを購入することにしました。

さて、MacのOSには、移行アシスタントという、ファイルやアプリケーション、設定を新しいMacに移す機能が備わっています。
結構便利なので、使ってみると、処理終了まで4時間くらいかかるという表示が出ました。
4時間の間、PowerbookG4が耐えきれるとは思えませんでしたので、処理は夜行い、タイル張りの床に直接置き、扇風機の風を当てて温度が上がらないようにしてみました。
途中、Powerbookが止まったらどうしよう、と、少々ドキドキものでしたが、なんとか無事に作業完了できました!

という訳で、Mac miniからの初ブログ、なのでした。

ちなみに購入したのはヤマダ電機さん。
若干の値引き+ポイントを結構くれたので、バックアップ用のHDDがおまけで付いてくるという思わぬプレゼント付でした!
posted by かとう at 18:20| Comment(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

ゲイリー・ムーア

先ほど、ヤフーのトップニュースで、ゲイリー・ムーアの訃報を知りました。

彼のギターに惚れ込んで、聴きまくっていた時期がありまして、大好きなプレイヤーの一人でした。
Out in the Fields なんか、何百回聴いた事か・・・
骨太のサウンドで、速弾きもパワフル、更にはソロでギターを泣かせたら天下一品。
チョーキング一つで魅了できる、まさに一音入魂のギタリストでした。

あまりにも早すぎる彼の死、、、May you rest in peace...
posted by かとう at 18:36| Comment(2) | おもうこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

いたずらにご用心

先日、突然ETC車載器が動かなくなった、と、お客様から相談がありました。
遠出された帰り道、ETCにカードを刺そうとしたら、妙に手応えが重く、カードを奥まで差し込んでも、カードを読めない、という警告メッセージが出たとの事。
早速、確認してみると、仰る通りで、更には、一旦刺したカードを抜こうとしても、かなり抵抗感が強く抜きづらいのです。

ETC車載器は、機械的に動作している部分がほとんどないためか、トラブルの少ないパーツです。
今まで経験のあるトラブルは、カードの電気的接触箇所がすり減って、読み込み不良があった事くらい。

そのお客様には、メーカーに修理依頼すると見積費が取られる可能性があり、実際の修理費用も、新品を買うのと大して変わらない位かかりそうな事をお伝えすると、ダメ元で良いので、私どもで分解してみてくださいとの事でした。

早速作業に取りかかると、特殊ネジで組まれていたものの、ネジを数本外せば、基板とケースが組んであるだけという簡単な構造だった為、分解は簡単でした。
で、故障の原因は・・・・

厚紙を手で破ったようなものが一枚、カードが入る部分の奥に詰まっていました。
これではカードが引っかかったり、読み取れないのも当たり前です。

このお客様には、男の子のおチビさんがいらっしゃるので、多分、犯人は彼だろうと。
おチビさんって、大人のマネをしたがりますからね〜
カードを刺すつもりで、厚紙を入れちゃったんでしょうね。
早速、厚紙を取り出し、組み直して、修理完了。

おチビさんのいたずらで困ってしまう事って、時々あります。
例えば、
・CDを入れるのとは別の隙間にCD盤を差し込んで抜けなくなった
・CDやMD・カセットを入れる所にコインを入れてしまい(貯金箱と勘違い??)オーディオが壊れた
・座席のアームレストにおチビさんがよじのぼったら、付け根が壊れた
など。

クルマは修理できますが、おチビさんがケガをしたら大変!ですから、お気をつけ下さいね〜
posted by かとう at 16:35| Comment(0) | 自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

新ダヴィッド同盟

新年を迎えて、半月余が経ち、今更という気持ちもあるのですが、昨年末のコンサート記です。
イヴイヴの23日、碧南市のエメラルドホールに、新ダヴィッド同盟のコンサートを聴きにいきました。
結成されたばかりのこのアンサンブル、メンバーは、庄司紗矢香 Vn、佐藤俊介 Vn、磯村和英 Va、石坂団十郎 Vc、小菅優 p。
若手ソリスト達を、ベテランの磯村さんが支える豪華布陣です。
使用楽器も、佐藤さんが新作楽器を使用される以外は、皆ストラドで、そういった意味でも贅沢&豪華!

<プログラム>
ハイドン:ピアノ三重奏曲 第39番 ト長調 Hob.XV-25 作品73の2
ベートーヴェン:弦楽三重奏曲 ハ短調 作品9の3
ウェーベルン:ヴァイオリンとピアノのための4つの小品 作品7
シューマン:ピアノ五重奏曲 変ホ長調 作品44

実際の演奏は、もちろん皆素晴らしかったのですが、その中でも印象に残ったのは、磯村さんのビオラと佐藤さんでした。

今まで聴いたビオラは、少しくすんだ感じの鼻声っぽい音色(これが魅力的!)が多かったのですが、磯村さんの音は、あっけらかんと明るく通る美音で、こんな音色もあるんだと、自分の中ではかなりの衝撃でした。
ステージから近い席で聴いたおかげもあるのでしょうかね〜。
安定感のある演奏で、ビオラパートの動きの面白さがよく分かりましたし、お腹いっぱい、美音を堪能できました。

もう一人、佐藤さんのバイオリン、こちらも素晴らしかったです。
ステージに登場されたとき、楽器に顎当てが付いていないので、おや?と思ってみていたのですが、チューニングも、eをペグで合わせている!
後でサイン会の時にお訊きして分かったのですが、aとeにガット弦を使われているとの事。
弓はバロック弓ではなかったですし、古楽的な演奏ではなかったと思いますが、その音色は、ガット弦らしい芯のある充実した響きの美しいもの。
音量や音の通り方は、庄司さんのストラドの方が良い印象でしたが、一緒に演奏された曲では、それぞれのキャラクターから全く違う楽器のように聴こえ、楽しかったです。

もちろん、他の方達の演奏も満足のいくもので、一年の締めくくりのコンサートとして、最高の演奏でした。
posted by かとう at 18:52| Comment(0) | バイオリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。