2011年02月05日

いたずらにご用心

先日、突然ETC車載器が動かなくなった、と、お客様から相談がありました。
遠出された帰り道、ETCにカードを刺そうとしたら、妙に手応えが重く、カードを奥まで差し込んでも、カードを読めない、という警告メッセージが出たとの事。
早速、確認してみると、仰る通りで、更には、一旦刺したカードを抜こうとしても、かなり抵抗感が強く抜きづらいのです。

ETC車載器は、機械的に動作している部分がほとんどないためか、トラブルの少ないパーツです。
今まで経験のあるトラブルは、カードの電気的接触箇所がすり減って、読み込み不良があった事くらい。

そのお客様には、メーカーに修理依頼すると見積費が取られる可能性があり、実際の修理費用も、新品を買うのと大して変わらない位かかりそうな事をお伝えすると、ダメ元で良いので、私どもで分解してみてくださいとの事でした。

早速作業に取りかかると、特殊ネジで組まれていたものの、ネジを数本外せば、基板とケースが組んであるだけという簡単な構造だった為、分解は簡単でした。
で、故障の原因は・・・・

厚紙を手で破ったようなものが一枚、カードが入る部分の奥に詰まっていました。
これではカードが引っかかったり、読み取れないのも当たり前です。

このお客様には、男の子のおチビさんがいらっしゃるので、多分、犯人は彼だろうと。
おチビさんって、大人のマネをしたがりますからね〜
カードを刺すつもりで、厚紙を入れちゃったんでしょうね。
早速、厚紙を取り出し、組み直して、修理完了。

おチビさんのいたずらで困ってしまう事って、時々あります。
例えば、
・CDを入れるのとは別の隙間にCD盤を差し込んで抜けなくなった
・CDやMD・カセットを入れる所にコインを入れてしまい(貯金箱と勘違い??)オーディオが壊れた
・座席のアームレストにおチビさんがよじのぼったら、付け根が壊れた
など。

クルマは修理できますが、おチビさんがケガをしたら大変!ですから、お気をつけ下さいね〜
posted by かとう at 16:35| Comment(0) | 自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。