2010年08月24日

トラヴィックのキーシリンダー

このブログは、Seesaaで書いているのですが、アクセス解析機能があり、どんなキーワードでこのブログにたどり着いた方がいらっしゃるか、分かるようになっています。
最近多いのが、トラヴィックのキーシリンダートラブルに関わるキーワードでのアクセス。
既に絶版車となって久しいトラヴィックですが、気温が高くなってくると、キーシリンダーの周りが渋くなったり、最悪、キーが回らなくなるか、抜けなくなっちゃうという症状が出る事があります。
うちの自家用車であるトラヴィックも、ご多分に漏れず、この持病を抱えていますので、そんな記事をご覧いただいているのかな、と。

ココ最近、うちの車のキーを回す時に、少しゴリゴリした感じが出て来たので、早めに対策することに。

ちなみに、私流の対策方法は、キーシリンダーを取り外し、清掃、注油、です。
コレをしておくと、夏を2シーズンくらいは乗り切れます。
注油箇所にコツがあり、キーシリンダーを外さずに鍵穴から油を注すだけでは効果は限定的ですのでご注意を。

ちなみに、キーシリンダー自体を交換した事も3度程ありますが、結局、1シーズンも過ぎると同様の症状が発生しましたので、まあ、構造的な問題なんでしょうね。。。

シリンダーの抜き方、戻し方とも、ちょっとした手順がありますので、その方法をご紹介する事は控えさせて頂きます。
心配な方は、お近くの修理工場へ依頼される事をオススメしますです。
posted by かとう at 18:09| Comment(0) | 自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。