2010年07月03日

プリアンプの改造

うちのプリアンプは、DAC1794-1.5を組み込んであり、2チャンネルのデジタル入力がありますが、両方とも同軸になっていますです。
今までは、これにCD-16DとDVDレコーダーを繋げていたのですが、この春、購入した液晶テレビが録画機能付のものなので、DVDレコーダーをほとんど使わなくなってしまいました。
そこで、プリのデジタル入力の1つを、テレビに繋ごうとしたのですが。。。
最近の液晶テレビ、もちろんデジタルで音声出力する事が出来るのですが、同軸ではなく、光出力だけなんです。。。

DAC1794-1.5は、光デジタルで受けられるように、モジュールに3.3Vの電源を供給できるようになっているのですが、3.3Vで動作する光デジタル受信モジュールを売っている所がよく分からず。。。
そこで、相談したのが、キクオンさんというお店。
ここのホームページでは、5V動作するTORX177という受信モジュールを使った基板を販売されているのですが、問い合わせた所、3.3Vで動作するTORX147を手配してもらえることに!

そして先日、部品が届き、早速基板製作&プリアンプにインストール。
TORX147を若干削って、プリアンプのケースは無改造で取付け出来ました。
(写真とるのを忘れてしまったので、文章のみです。。。)

簡単な回路だったので、一発動作しましたよ。
今までは、テレビのデジタルをCD-16Dで受けてその後DACに入力するしかなかったのが、そうした手間がなくなり、快適そのもの。
もちろん、テレビからのアナログ音声出力よりずっと良い音で鳴ってくれています。

デジタルは、同軸で受けるのと光では音が違うとも聞きますので、そのうち時間が出来たら、CD-16Dの出力で試してみましょうかね。。。

ちなみに、キクオンさん、いまでは177と147両方選べるようになっていますね。。。
posted by かとう at 18:34| Comment(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。