2010年02月12日

DACのオペアンプ2

DACのオペアンプ、デュアルタイプのDIPサイズにこだわらず、シングルオペアンプやSOICにまで範囲を広げると、選択肢はかなり広がります。
とはいえ、DAC1794-1.5の基板をそのまま使えるように、ここは一工夫。
世の中には、変換基板という便利なものがあり、SOICをDIPサイズで使用する基板や、シングルアンプ2個を使ってデュアルオペアンプとして使用するものが販売されています。
今回使ったのは、マルツパーツで取り扱われている下記のもの。

変換基板SOPシングルオペアンプ→DIPデュアルオペアンプ変換基板
SOIC&MSOP→DIP変換基板
この基板を使って、早速、気になっていたSOICサイズのオペアンプをテストしてみる事にします。

オペアンプ実装ちなみに、選択したオペアンプは、I/V変換に低ノイズと高スルーレートの新型オペアンプOPA2211、差動合成には1794のデータシートでも他社製にも関わらず使用例に挙がっていたLT1028です。
オペアンプの向きを間違えないように気をつければ、半田付け等の作業はさほど難しいものではありませんでした。

さて、オペアンプ交換後の音の変化は、うちの場合、素晴らしいものでした。
OPA2211とLT1028のどちらが好結果の理由かは確かめていませんが、もう、この音が出てしまえば、そんなことはどうでも良いじゃないか!というくらい、気に入ってしまいました。
どう良いのか、言葉で表現しにくいのですが、音ではなく音楽になるんですよね。
そんな訳で、CD-16Dも、すっかりトランスポータとして使う事が多くなってしまいました。

今迄使っていたオペアンプの型番は、敢えて伏せておきますが、一応結果報告という事で!
posted by かとう at 18:34| Comment(6) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お邪魔いたします。

OPA2211+LT1028、よいですか〜^^。拜読するとやってみたい衝動に‥‥このGWあたり…^^;。

お使いの、変換基板の下は、マルツパーツにあるDIP連結ソケットというやつ(www.marutsu.co.jp/user/shohin.php?p=64971 )ですね。やはりこれがいいでしょうか‥‥SOICシングル×2→DIPには下に空間があってよさそうですが。

現在、I/V変換にはスルーレート 300V/μsの AD827を使っていて、速度的には十分と思っていますが、このところDAC1794-1.5の音にややスカスカ感を感じるようになってきてもいます。
というのも、DACを自作するきっかけは、中古で買ったケンウッド DP-5090のアナログ出力の高域に歪みを感じたからなのですが、スピーカーのチューニングを終えると、これがけっこう聴ける音になっており(不思議^^;)、こっちをよく聴くようになっているのです。

OPA2211は、スルーレートはビデオ系オペアンプほど高くありませんが、セトリングタイムは優秀ですね。
Posted by へうたむ at 2010年04月30日 01:08
へたうむさん、こんばんは。

お察しの通り、ソケットはDIP用のものを使いました.
1列タイプのピンより、お手軽だと思いますよ〜

もちろん、DACだけで音が決まる訳ではありませんが、へたうむさんのところでも良い結果が得られると良いですね!
是非是非、お試しください&結果報告楽しみにしています。
Posted by かとう at 2010年04月30日 18:42
やってみました! アットウ的な改善でした。もうデュアルDIP型にはもどれなくなりました。
が ― レギュレーターの発熱が増え、ケースに穴をあけました。オペアンプ自体も、通電中は熱くなります。それを記すと、発振してはいないか、というコメントを頂戴し、不安にもなっています ^^;;。う〜ん…。
Posted by へうたむ at 2010年05月08日 03:23
へたうむさん、こんにちは。

良い結果が得られたようで,よかったですね。
適当ブログの記事も、少しはお役に立てたようで,何よりです。

発熱に関しては,真空管という,もっと熱い電気食いを使っておりますので,あまり気にしていませんでした,
発振。。。どうなんでしょうね。
機会があれば,誰かに測定がてらチェックをお願いしようかしら。。。
Posted by かとう at 2010年05月09日 13:53
拙ブログにコメントありがとうございました。

SOPタイプの OPA2211+LT1028CSの組み合わせは、発熱からの不安で一時、やめようと思ったのですが、どうにもDIP型の手持ちでこの組み合わせに及ぶものが皆無であることもわかってきました。
先週末、LT1028のDIP型、LT1028CNをネットオクで安く求め、変換基板で、ちょうどウイング状に2基が並び、放熱の条件もよいだろうと組んでみました。
まだ少しの試聴ですが、ほんとうに同じ音、ではありながら、SOP版のほうがこころもち音が落ち着いて最もノーブルな感じです ― ほんとうに‘気のせい’ていどなのですが。

という次第で、けっきょく かとうさんの組み合わせに、音的には落ち着きそうです。
Posted by へうたむ at 2010年05月19日 02:37
へたうむさん、こんにちは。

確かに、SOPを背中合わせにハンダ付けする変換基板だと、熱くなりやすいでしょうから、DIPサイズの方が面積が広い分、放熱には有利でしょうね.
わたしがDIPサイズを使用しなかったのは、単純にスペースがなかったためです。
コンデンサ等、大きめのものが付いているので、干渉しちゃうんですよね。。。。

これで、1028が恐ろしく高温になるような事がなくて、そもそも発振していなかった!ということで落ち着くといいですね。

ではでは
Posted by かとう at 2010年05月19日 08:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。