2008年12月25日

DAC製作-5

DAC1794-1.5の基板は小さいので、トランスや入出力端子、電源コネクタなどのスペースを考えても、比較的コンパクトなケースでも収まります。
もちろん、作った後の置く場所まで考えて、ケースのサイズを決めないといけません。

プリの横そこで候補に挙がったのが、プリアンプの横。
ティッシュボックスが丁度具合よく収まっているココなら良いかな、と思ったのでした。

・・・が、嫁さんの「これ以上モノを増やしちゃダメ!」の一言で却下。
そう、オーディオ機器は、ティッシュボックスより重要度が低いのです。

どうしようかと悩んだのですが、結局、プリアンプの中に組み込んでしまう事にしました。
プリの中に、基板とトランスを仮置きしてみると、なんとか収まるスペースがありそう。
フォノ入力用のRCA端子を付ける穴が2つ空いていますし、使っていないプレイバック入力にDACの出力をぶち込めそうですから、入出力も問題なし。
最小限の加工で、DAC機能付真空管差動プリアンプに改造できそうです。
なにより、ティッシュボックスも移動する必要がないのが最大の魅力です!

早速、この方法で作業する事にしました・・・

posted by かとう at 18:24| Comment(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。