2008年11月26日

DAC製作-3

通販で注文してした部品が届いたので、早速DAC製作開始です.

まず、最初に“最大の難関”が待ち受けています.
半田ごての取り回しがしやすいように、背の低い、小さい部品から作業していくのですが、最初に付けるのが、DAI:CS8416とDAC:PCM1794(A)のちびっ子ペアなのです。
SOP、SSOPという足の間隔は、目がチカチカしてくるほど.
ただ、そのようなチップのハンダ方法を紹介しているホームページもいくつかありましたので、イメージを固めてイザ!

dac-2結果がこの写真です.
チップだけ拡大した写真も撮ったのですが、上手にピント合わせ出来てなかったので、抵抗などの背の低い部品も付けた後のものですが・・・
一緒に写っている抵抗と比べると、いかに細かい部品かお分かりいただけるでしょうか?

さて、実際に作業してみたら、「案ずるより産むが易し」、拍子抜けするほど簡単に出来ちゃいました.

成功させるコツは2つ。

●ハンダ付けする前に、チップの位置決めをしっかりすること。
●フラックスをケチらずに塗ってからハンダ付けすること。

この2つさえ守れば、ハンダが流れるべき所に勝手に流れていくように、自然に仕上がってしまいます.
ちなみに、隣の足とブリッジしても、吸取り線でチョイチョイと調整し、仕上げに半田ごてをもう一度当てればOK!
真空管アンプのアクロバティックな空中配線の方が、よほど難しいかもしれませんね。

dac-3で、後は一気に残りのパーツを付けてしまいます.
部品点数が少なめなのと、プリント基板の手軽さから、あっという間に完成!
あとは、入出力と電源を付け、動作確認です・・・


posted by かとう at 18:53| Comment(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。