2009年05月25日

S/A F80AMG-2

・高域に独特のキラキラした響きがある。
・サイズを意識させないくらい、立派に低域も出る。
・小口径フルレンジらしい、音のすわりの良さがある。

S/A F80AMGという8cmユニットの美点。
「見た目の割には・・・」という但書などなしに、十分魅力的な音を出してくれます.
もちろん、スピーカーボックスによって雰囲気も変わりますが、共通の音色を感じます.
手前味噌ながら、個人的には、ハセヒロさんのハコとの相性が一番しっくり来ました.
大橋さんは、日記中で大音量時の破綻を指摘されていますが、少なくとも、私の常用する音量では感じた事がありません.
小出力のアンプしか持っていませんので、その音量まで上げられないと言った方が正解かも知れませんが・・・

特に、ハセヒロさんの箱(MM-151)に入れていた時は、吸音処理次第で音質も大分変わるので、これもまた面白かったです.
どちらかというと、吸音材は最小限にとどめ、できるだけ音を響かせるようにした方が「生きた音」になりました。

逆に、欠点もありました.

・帯域を広く設計した副作用か、ボーカルなどは前に出てくる感じが少ない(ハセヒロさんに相談した所、同様の感想でした)
・バイオリン等の弦の音は、きれいだが、磨かれ過ぎに感じる時がある(ザラッとした音は出にくいです。逆にディストーションのかかったギターサウンドは、気持ちよく鳴ります)
・能率が低いため、アンプの出力が吸収されてしまっているように感じる時がある

普段聴く音楽の趣味が変わったため、自宅のスピーカーは、ハコは同じまま、tangband W3-583SA->LC-12Sと変遷.

金属的な高域の気持ちよさはなくなりますが、特に弦が魅力的なtangband W3-583SA。
これは、低域はF80AMG並みに力持ちです。
LC-12Sは、逆に高域、低域とも、パッと聴くと8cmユニットより出ていないようにも感じますが、それぞれ無理のない、締まった音が出ていますし、何より弦は最高!なので、常用ユニットとなっています。
この13cmユニットは、8cmとは逆に、しっかり吸音してあげた方が良かったです.

店のスピーカーは、普段FMラジオを流しっぱなしにしている事もあり、F80AMGが不動のレギュラー.

私なりの、適所適材、ナノでした・・・
posted by かとう at 18:10| Comment(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

S/A F80AMG-1

最近、Googleが提供する解析機能を使って、このブログや本HPを、どのようなきっかけで見て頂けているのかチェックし始めました。

まだ短期間ですが、どのページのアクセス数が高いのか、検索キーワードはどんなものが多いのか、など一目瞭然.
Googleって、面白い機能をどんどん紹介してくれますよね、しかも無料で!

さてさて、その結果は、案の定というか、残念ながらというか、クルマ屋のHPであるにも関わらず、圧倒的にそれ以外のネタでのアクセスが多いです.

特に、オーディオネタ関係のページは人気がありますね。
最近はあまり新ネタもなく、更新できていないのですが、毎日数多くの方にチェックして頂いています。
その中でも、ダントツに多い検索キーワードが「S/AF80AMG」。
ちょっと意外でした。

S/AF80AMG、自作系スピーカーが好きな方等には有名な8cmユニットで、私も一時期ずいぶん楽しませて頂きました.
キット屋さんのホームページ等で度々ネタになっているので、チェックされる方が多いという事でしょうかね?
元々、私の場合は、ハセヒロさんに勧めて頂いたのがきっかけで導入したものなのですが、正に「小さな巨人」といった印象の面白いユニットです.

ハセヒロさんのバックロードに付けて、まだショールームがなかった頃のキット屋さん持ち込んで聴いて頂いた時の、大橋さんの反応は今でも覚えています.
怒ったような顔をして、無言でスピーカーを見つめて、ボリュームを上げたり下げたり、バックロードの音道にタオルを入れたりしての真剣そのもの。
何か変なスピーカーを持って来ちゃったか?と、ちょっと心配になってしまったくらいでした。
実際にはそんな事はなく、大橋さんも気に入って頂けたようなのですけどね.

たまたまキット屋さんに来られた別のお客さんも、「こんな小さなスピーカーからねぇ・・・」と感心されていたこのユニット.
次回、自分なりに総括してみようと思います(我ながら、長いマエフリ過ぎた・・・)
posted by かとう at 17:51| Comment(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。