2009年02月20日

公演後に・・・

一色町でのクラルテさんの公演後、もう一つお楽しみイベントが有りました.
一緒にコンサートを聴きにいったサンバレーの大橋さん宅で開かれた、クラルテメンバーの横山さんを交えての打ち上げに招待されたのです。

横山さんは、公演後にお弟子さんのレッスンを済まされてから合流するとの事で、先に大橋さんとそのお友達でSP盤の達人、F原さんと一緒にお待ちする事に.
F原さんは、タンノイのオートグラフという大きなスピーカーをお使いなのですが、その伴侶となるアンプを検討中とのこと。
大橋さんの自宅で使用されているスピーカーもオートグラフなので、正に真剣試聴でした。

いままでも、大橋さんのご自宅には何度かお邪魔しているのですが、オーディオをまともに聴かせて頂くのは、なぜか今回が初めて.
その音は、大型スピーカーの余裕でしょうか、量感があってゆったりした印象。
これでバロック聴いたら最高なんですよ、とは大橋さん談ですが、聴かせて頂いたバッハは正にその通りで、ヨーロッパの教会にいるかのようでした。
自宅でも聴き慣れたヒラリーハーンのコンチェルトは、オケの迫力が凄かった!
それ以上に、ハーンの音色が我が家とは色合いが違い、聴いていて面白かったです.
一言にオーディオと言いきれない、色々な個性があるのだなぁ、と。

さて、横山さんが到着されてからは、鴨鍋をつつきながら色々とお話しさせて頂きました。
大橋さんから、「話のネタにするから持って来てね」と言われていた、自分のバイオリンも見て頂いて、ちょっとしたアドバイスをいただいたり。
また、しばらくの間鳴らし込んで頂いて、「弾いてみて」と渡されて弾いてみると、音がスッと出てよく鳴り、弾き易い!
楽器をしっかり鳴らす事で、鳴りやすいように状態が変わるそうです。
大橋さんが、「今日からその楽器は、Ex.Yokoyamaだね」なんて言ってましたが、大げさに言えば、別の楽器になったようでした.

ちなみに、翌日自宅で弾いてみたところ、改めて良く鳴るなぁ、と感激.
弾いていて、単純に楽しいです.
この魔法も、いつか解けてしまうのだろうか、と考えないでもありませんが、しっかり鳴らす技術を身につけないとね.
バイオリンの道は、果てしなく遠いモノ、なのでした。
posted by かとう at 12:52| Comment(0) | バイオリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

親子ふれあいコンサート〜N響メンバーとともに楽しむ室内楽〜

昨日は、車で移動すれば自宅からほど近い、一色町でのコンサートに行ってきました.
演奏は、アンサンブルクラルテ
N響メンバーを中心とした、カルテット+ピアノ+コントラバスという編成で、バイオリニストの横山さんのホームページでの告知を見て以来、楽しみにしていたのです.

親子ふれあいコンサートというタイトル通り、曲間でおしゃべりが入ったり、メンバーの趣味の紹介があったり、弓のフロッグを外して、馬の毛なんだよ〜なんてやりとりがあったりして、リラックスできる雰囲気。
演奏された曲も、アイネクライネやクライスラーの小品といった、クラシックのメジャーどころから、映画音楽、となりのトトロ(!)まであって、それぞれが面白く編曲されていました.
それぞれの楽器が主役になる場面があったり,編曲がジャズっぽいところもあったりして、これがまた、単純にかっこ良いんです!

正直、この辺りは田舎なので、お客さんの中にはクラシックコンサートに行き慣れていない方もいらっしゃったと思うのですが(私もまだまだ若葉マークですしね)、テンポよく進行して行くプログラムで最後まで飽きさせる事もなく、大盛り上がり!
正に,文字通りの「音デ楽シイ」なひとときでした。

やっぱり、こういうコンサートって、特にクラシック人口の少ない田舎では大事だと思うんですよね.
きっかけになるような、というか・・・
立派なホールだけはあっても、そこで行われるコンサートなどのソフト面が充実してないと、もったいないですよね。
ほんのちょっとしたきっかけで、音楽を聴きに行く事の魅力に気付くこともあるでしょうから、行きやすいコンサートが、継続的にあるような環境を、是非整えてほしいものです。
予算が・・・と言われる事もありますが、ハコモノを増やすばかりでは,文化振興にはなりませんよ。

その意味で,このコンサートは素晴らしかったと思います。
チケット代も1000円と格安でしたし、きっと、またコンサートに行こう!と思ったお客さんもいらっしゃったんじゃないかな。

さて、楽しかった演奏会も終わり,もうひとつのイベントが待っていたのですが,その報告は次回(見るとこ見ると,ネタバレしてますが!)
posted by かとう at 18:56| Comment(0) | バイオリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

DAC製作-7

トランスアップDAC用に使用したEIトランスを、ゴロゴロしたままにもできませんので、対策を考えました.
まず、ケースに穴を開けて固定するのが一番簡単ですが、プリアンプ内部のスペースに、もう少し余裕が欲しかったので却下。
また、市販トランスへの載せ変えは、ちょうど良い仕様のものが見当たらず、電源回路を変更するのもちょっと面倒。
結局、どうせやるならと、フェニックスさんに発注することにしました。

トランス負荷試験成績書トランスの仕様は、将来的に回路変更もできるよう、若干余裕のあるものをお願いしました。
詳細は、完成したトランスに添付されていた負荷試験成績書をご覧いただきたいのですが、電圧はそのまま、取り出せる電流に余裕を持たせてあります.




フェニックストランスに交換発注後、思ったより早く届きましたので、早速交換します。
フェニックス製のトランスは、最初キットに付いてきたRコアトランスより一回り大きく、取付け穴の寸法も、もともとケースに空いていた取付穴とは若干違います。
ただ、対角2点であれば、そのままケース穴を利用して取付できましたし、ガタツキもなく収まりましたので、結果オーライ.

フェニックスアップトランスからの配線もそれなりに収まり、ようやく完成形です。
気のせいか、トランスを交換する前と比べ、音に力強さが出たような気がします。
真空管の動作点が若干変わったか、ヒーター電圧が若干高めに振れたか・・・
時間のある時にでも、確認してみようと思います.
また、オペアンプも数種類用意してありますので、交換して楽しもうと思ったりしています。
出てくる音の印象も、まとめてみようと思います.
posted by かとう at 17:50| Comment(4) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。