2008年09月29日

発表会のCD

先週末、無事に終了した発表会ですが、いつもの宿題も残ります。
そう、ホールPAからラインを分けてもらってR-09で録音した音源を、編集してCD-Rに焼かないといけないのでした。

編集自体は大分慣れてきましたし、最近購入したiMacの処理速度の速さもあって、流れ作業で終了しました。
ただ、今回は編集後でも全体で2時間弱の長さになりましたので、参加人数×2枚で60枚ほど作らないといけません!

CD-Rを焼く->ジャケットを印刷する->印刷したジャケットをはさみで切る->両面テープでインデックスシートに貼付ける->振り出しに戻る・・・

一人で作業するので、大変です!
しかも、ビール片手に、という訳にもいきませんので、毎晩少しづつの作業でした。

CD-Rで、完成したCD。
ちょっとしたオブジェですねぇ。
posted by かとう at 18:05| Comment(2) | バイオリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

発表会報告 後編

前回記事、発表会報告の続きです。
バイオリンの発表会には、1年に1〜2度参加する機会がありますが、ソロで弾くのは本当に久しぶりでした。
それもあってか、出番が近づくにつれ、いつになく緊張してしまい、手のひらが汗でベタベタ・・・
しかも、出番直前に譜面を忘れた事に気づいたのですが、取りにいく間もありませんでした。
曲そのものは暗譜できていたので、譜面がなくてもよかったのですが、お守り代わりで持っていくつもりだったんですけどね。
何事も、なかなか思った通りには運ばないものです。

さて、本番での演奏は、指がもたついたり、そのくせテンポが走ってしまったりと、満点の出来には遠かったものの、なんとか落ちる事なく完奏出来ました。
録音したものを聴いても、反省点だらけですが、これが今の自分の実力。
次の機会に向け、ガンバロウっと。

・・・その後の打ち上げで飲んだビールがおいしかった事は、言うまでもありません。

そのソロの音源も、期間限定?勇者限定!でアップしますね。
温かい気持ちで、聴いてやってください。

posted by かとう at 18:48| Comment(4) | バイオリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

発表会報告 前編

先週日曜は、とおんきごうの会の発表会でした。

その前日のリハーサルには仕事で参加できなかったので、当日ピアノ伴奏の先生と一度弾いて、本番に臨みました。



その時、伴奏のテンポがちょっと速めに感じましたので、少し遅くしてもらおうとしましたが、聴いていた先生からは、「速めの方が、ノリが出ていい感じなので、そのまま行っちゃってください」と一言。

(最後までノッていられれば良いんですが、落ちる可能性もグッと上がるのでは・・・)という不安が芽生えつつも、イザイザ!



今回の発表会は、とおんきごうの会のメンバー+先生の生徒さん(小学生から大人まで)という大人数。

ほとんどの方がソロで弾くので、30曲以上、3部構成の長丁場です。

そのうち、私が舞台に上がるのは、1部最後の合奏と3部トリ前のソロ。

合奏は約20名で演奏しますから、プレッシャーもあまりなく、出番までの間、チビッ子達がカワイク弾くのを楽みました。



今回の合奏曲は、「ロングロングアゴー変奏曲」。

2つのパートに分かれて合奏したのですが、やっぱり、みんなで弾くのは楽しいです。

発表会の度、みんなで演奏しているのですが、聴きにきてくれた人から、「以前と比べて、だんだんまとまってきたねぇ」と嬉しいコメントをいただいたりもしました。

バイオリンをはじめて1年ちょっとのメンバーには少し大変な曲でしたが、その分上達も早い!です。


ちなみに、今回お試しで、合奏曲の音源をアップしてみましたので、よろしければ・・・




ソロの感想は、次回!
posted by かとう at 12:35| Comment(0) | バイオリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

明日は発表会!

日程が決まった時には大分先だと思っていたバイオリンの発表会。
あっという間に時は過ぎ、いよいよ明日が本番です。

3ヶ月という長いスパンで1曲を仕上げるのは初めてだったのですが、練習すればするほど弾けなくなるような気がします。
もちろん、最初の頃と比べると良くなっているのですが、それ以上に自分の頭の中で鳴っている理想のイメージもハッキリしてきて、実際の音との差は広がるばかり・・・
今までになかった感覚で、これはこれで面白いです。
演奏の順番がラス前で、3時間ほど緊張を強いられるのは相当にナニですが、終わったらすぐに打ち上げにゴー!できますので、これはこれで良いのかも。
posted by かとう at 16:40| Comment(2) | TrackBack(0) | バイオリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

ストラディヴァリウス・コンサート

先週末は、半年前から楽しみにしていたコンサートに行ってきました。
今回ご一緒させていただいたのは、キット屋の大橋さん
オーディオのみならず、音楽全般が大好きな方ですから、色々と面白いお話を聞くことができました。

日本音楽財団 創立35周年記念
ストラディヴァリウス コンサート
Encounter with Stradivari 2008

日本音楽財団は、ストラディバリやガルネリといった
約300年前のイタリアで制作されたバイオリンやチェロの名器を十数挺保有しており、それらを有望な演奏家に貸与しています。
今回のコンサートは、それら名器を貸与されている演奏家が一堂に会するという趣向です。
各々演奏会のソリストを張れるアーティストがずらりと並んだステージは壮観そのもの。
彼らがカルテットを組んだり、脇役に回ったりなど、普段なかなか見られない部分も面白かったです。

今回は、2階席の2列目で聴いたのですが、ホールの響きの良さもあり、音に包まれる感覚が心地良かったです。
また、一口に「ストラディバリウス」といっても、各演奏家、各楽器によって音色も違いますし、音の飛びも差がありました。
ピアニッシモの演奏でもスルスルッと音が伝わってくる楽器、ほかの楽器に埋もれてしまいそうになるもの。
華やかな明るい音色が素敵な楽器も、低域がどっしりと支えている弾力感のあるバイオリンもありました。
これらが、楽器固有のものなのか、演奏家のキャラクターに依存するのかは分かりません。
ただ、「ストラドはこういう音がするのだ!」と、単純に言えるものではないのだなぁ、という、考えてみれば至極当たり前の事に気づいた、あっという間の2時間半でした。

ちなみに、自分勝手なランキングは次の通り。

音色の派手さNo.1
  セルゲイ・ハチャトゥリアン
音色の好みNo.1
  バイバ・スクリデ&竹澤恭子&スティーヴン・イッサーリス (Vc)
弾いている姿No.1
  アラベラ・シュタインバッハ

これは、コンサートに来ていた人それぞれで、全く違うものになるんでしょうね。

また、コンサートのプログラムが豪華なものだったのも嬉しかったです。
日本音楽財団所有の名器を横山進一さんが撮影された写真が大きく載っていて、楽器好きには堪らない!ものでした。
1度で2回おいしいコンサート?!
posted by かとう at 18:47| Comment(2) | TrackBack(0) | バイオリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

コンテ展示車のご紹介

最近、テレビCMをばんばん流しているダイハツ ムーヴコンテ
加藤モータースにも、ようやく展示車が到着しましたので、早速ご紹介します。

コンテ サイドグレードは、Xリミテッド。
フォグランプやアルミホイールも標準装備の、上級グレードです。
ボディカラーは「ミストブルーマイカメタリック」。CMでも紹介されているメインカラーです。

コンテ フロントフロントから見ると、ほんとに「カクカク」したデザイン。
とはいえ、角には程よいアールも付いていますので、ゴツい印象はないですね。


ドアを開けた所ドアが直角近くまで開くのは、ダイハツ車の特徴の一つ。
乗り降りしやすさも、しっかり考えられています。



フロントシート明るいベージュ系のシート生地に、えんじ色がアクセントのシート。
素材選びや縫製にこだわった、コンテのチャームポイントです。



インパネインパネにも、えんじ色のパネルがしつらえられています。
ムーヴとは違って、水平基調のデザインで、外観ともマッチしています。



パワースライドシートSW1コンテのもう一つの特徴、「運転席パワーシート」。
車から降りる時、スイッチ一つでシートが後方にスライドします。
また、「マイベストポジション」を登録しておけば、ワンタッチで最適なシート位置に移動します。

パワースライドシートSW2微調整はシート下、前方に付いているこのスイッチで行います。
無段階で調整でき、エンジンOFFでも動作可能なのがうれしいですね。



リヤシートリヤシートは一体式。
前後スライドは出来ませんが、シートバックのリクライニングは、左右独立で2段階に調整できます。



リヤシートたたんだ所シートバックをたたむと、ほぼ水平になります。





両方たたんだ所リヤシートを左右ともにたためば、広い荷室スペースを確保できます。
とにかく、荷物がいっぱい!という時にオススメ。



たたんだ時の段差・・・とはいえ、シートをたたんだ時、トランクスペーストの間に段差が出来てしまうのが残念な所。
ムーヴやムーヴカスタムでは、ここがフラットになるのですが・・・


運転席からの視界個人的に気に入っているのが、運転席からの視界。
今では貴重な、ボンネットフードが見える車なんです。
車両感覚も掴みやすいので、細い道での運転もしやすそうです。


ご興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、是非一度ご来店の上、現車に触れてみてください。
posted by かとう at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

水害と自動車保険

先週末に各地を襲った猛烈な雨とそれに伴う水害で、多くの方がお困りになっています。
最近、ニュースなどで良く聞くようになった「ゲリラ豪雨」が原因のようです。
私も、7年前の東海集中豪雨で、運転していた車がどうにもならずに水没し、腰まで水に浸かって朝まで過ごした経験が有りますので、その恐ろしさはよく分かります。
大型トラックが走行した時の波で、水没した車がプカプカ漂うように自分の方に迫ってくると、本当に怖いんですよね。

さて、一度水に浸かった車は、電気系統のトラブルや錆、ベアリングからの異音、車内の異臭など、各部にダメージを受けてしまいますし、その時は良くても、数ヶ月後に不調となることもあります。
もし、今回の災害で愛車が冠水師、お困りの方がおられましたら、自動車保険の保険内容をご確認ください。
車両保険(一般条件・車対車+Aとも)に入っておられるようでしたら、保険金額の支払い対象になる可能性があります。
ただ、水没の程度や、保険会社によって対応が異なりますので、保険代理店または事故受付窓口に相談してくださいね。
posted by かとう at 18:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。