2008年02月18日

楽器の修理

去年の秋、バイオリン弓の毛替えをお願いしたとき、竿が少し曲がっていると指摘を受けました。
そのときは、毛の張り具合を調整することで対応してもらったのですが、ここ最近、弓を張った最初はほぼまっすぐなのですが、時間が経つと以前のように曲がってくるようになってしまいました。
この状態が問題のない範囲なのか、はたまたそれなりの処置をした方がよいのか、よくわからなかったので、早速職人さんの所へ。

職人さんにみてもらったところ、弓の曲がりは比較的軽度な症状だそうでしたが、相談の結果、反りを直すことに。
一緒に楽器もみてもらったところ、裏板の一部に剥がれがあることがわかり、こちらも修理してもらいました。

そして、先日、修理が終わった楽器を受け取りにいったのですが、すごく弾きやすくなっていました。
一緒に毛替えも頼んだので、こちらの影響もあるのでしょうが、弓の元から先まで非常にスムーズに扱えます。
もっと早く手当てしてもらえばよかった!

3月半ばの発表会に向けて、これで練習に集中できるというものです。
posted by かとう at 13:06| Comment(4) | TrackBack(0) | バイオリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

迷惑メール

メールアドレスをホームページ上で公開していますと,何らかのリストに載ってしまうのか,毎日,非常に多くの迷惑メールが届きます.
その数も増加傾向で,最近では,1日当たり150通くらい来ます。
明らかにおかしいものは,差出人のアドレスや件名で分かるのですが,毎日全てをチェックするのも,さすがに負担になってきました。

そんな事情で,暫くの間試していたのがメールのフィルタリング.
プロバイダとメールソフトの判別機能を使ってテストしていたのですが,想像していたより賢く,これなら使い物になりそうです。
ただ,お問い合わせのメールでも,件名がなかったり,無料アドレスからのメールなどは,迷惑メールと判断される事があるようで,本格的に導入するのも若干ためらわれます.

そこで,申し訳ありませんが,今後はフィルタにひっかかったメールを別のフォルダに分けておいて,まとめてチェックした後消去する方法を取ろうと思います.
ただ,迷惑メールに紛れて,お客様からのメールを誤って消去してしまう可能性も,残念ながらゼロとは言えません。
もし,私どもからメールの返事が来ない事などがございましたら,送信されるアドレスを変えていただくか,直接お電話いただけますでしょうか?
差し障りのない内容でしたら,このブログのコメント欄をお使いいただいても結構です.

心苦しいお願いではありますが,よろしくお願いします.
posted by かとう at 19:09| Comment(2) | TrackBack(0) | おもうこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

ぼんやり考える

最近は,すっかり落ち着いてしまったオーディオ遊び.
今の状態で,申し分ない音が出てしまっているので,なんの不満もなく,満足してしまっているからです.
ただ,回路図を検討したり,ハンダごてを握ったりするのも楽しかったりするものですから,何かネタはないかな,と探したりもして・・・。

とりあえず,今ぼんやりと考えていることが2つほどあります.

1つは,JB-300B(300Bシングル)のお手入れ.
私としては,記念すべき真空管アンプキット製作1号なのですが,今は主役の座をEL32ppに譲り,時々電源を入れてあげる程度。
ただ,真空管ソケットの接触が甘かったり,ちょっとノイズがする事があったり,気になる点もありますので,いずれオーバーホールしてあげようと思っているのです.
ただ,手を入れるとすると,回路もいじりたくなる事間違いなし!なので,自分の中で構想(妄想)がまとまるまでは,ソッとしておこうかな,と。

2つめは,DAC。
D(デジタル)A(アナログ)C(コンバータ)は,CDやDVD・パソコンなどからのデジタル信号をアナログ(音声)信号に変換するもので,CDプレイヤーやDVDデッキなどのデジタル家電には当たり前の様に内蔵されているものです.
DACに興味を持ったのは,ちょっとした“実験”が切っ掛けでした.
我が家の場合,DVDデッキからアンプへの接続は,アナログ(よくある赤白ケーブルの事です)だったのですが,これを,

「DVDデッキのデジタル出力->CDプレーヤーのデジタル入力->CDプレーヤーのアナログ出力->アンプ」

としてみたのです.
つまり,DACを,DVDプレーヤー内蔵のものからCDプレーヤーのものに変えてみたということですが,これで結構変わるんですよね.
CDプレーヤーは,5年程前に中古で購入した,マランツのCD-16D。
今では年代物といっていいものですが,こちらを通した方が,音が良いんですよね.
音の輪郭がはっきりしますし,低音もしっかり出る様に。
古いとはいえ,それなりの物量を投入されたものと,現在の廉価版DVDデッキの違いということでしょうか?
DACって,音に“効く”パーツだったのね,と思って,ただ今勉強中です.
ネットで検索すると,基板から自作されている方もいたりして,なかなか面白いかも。

まあ,ぼんやりと考えを巡らすのも楽しいものです.
posted by かとう at 12:55| Comment(4) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。