2008年01月14日

暫定

ざん‐てい【暫定】
正式な決定がなされるまで、仮の措置として、とりあえず定めること。「―政権」
(大辞泉より)

・・・という訳で,最近話題の自動車関連諸税の暫定税率。
要は,今払っている自動車関係の税金のいくつかは,法律の本則に定められた金額とは違い,仮の措置として,増額してますよ,ということ。

例えば,

ガソリン税(正しくは,揮発油税及び地方道路税)
  :28.7円/L が 暫定で 53.8円/L
自動車重量税(軽自動車)
  :2,500円/年 が 暫定で 4,400円/年
自動車重量税(普通乗用車 車両重量1,200kgとして)
  :7,500円/年 が 暫定で 18,900円/年
自動車取得税(普通乗用車を新車で購入したとして)
  :取得価格の3% が 暫定で 取得価格の5%

などなど。
これらの税金は,ガソリンスタンドに行ったときや,自動車購入時,車検を受けた時などに払う必要があります。
仮の措置というものの,その期間は30年以上。
「もともと」より「仮」の期間の方が長く,道路財源が余っていますよ,などという話も出てきましたので,それならば,元の税率に戻しても良いのでは?という議論になっているんです。

この問題、色々な考え方があるとは思いますが,あなたは,

もっと道路網を整備して,快適に素早く移動出来るようになった方がいいですか?

それとも,

給油時や車検時の税負担が軽くなって,その代わり,道路整備が今より疎かになるのを受け入れる方を選びますか?

まあ,国会の議論は,このような単純な2択問題ではないようですが・・・
posted by かとう at 16:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

現代音楽

我が家のハードディスクレコーダーには,「バイオリン」「チェロ」などのキーワードを含む番組を,自動的に録画する様に設定してあります。
この機能,なかなか便利なもので,「コンサート」から「バラエティ番組に高嶋○○子さんが出演」なんてものまで,勝手にどんどん録画してくれます。

先日,ブルネロさんのチェロリサイタルが放送されたのですが,賢いレコーダー君は,これもきっちり録画してくれていました。
このリサイタル,曲目は,

  「無伴奏チェロのための4つの短い練習曲」 ベルント・アロイス・ツィンマーマン
  「無伴奏チェロ組曲 第2番 ニ短調 BWV1008」 バッハ
  「ラメンタチオ」 「コンチェルト・ロトンド から ヤフー」 ジョヴァンニ・ソルリーマ
  「無伴奏チェロ組曲から」 ガスパール・カサド

最近,バッハにハマっている事もあり,お目当ては無伴奏チェロ組曲だったのですが,全編を見て一番印象に残ったのが,ソルリーマ作曲のラメンタチオという曲。
いままで,どうも現代音楽というのは良く分からず,ピンと来ないモノ,という印象しかなかったのですが,この曲は良かった!
ブルネロさんが,チェロを弾きながら,イスラム的なメロディを詠唱する様に緩やかに歌いながら始まるこの曲,中盤では激しい舞いを見るようなテクニカルな演奏で,まるでハードロックのギターリフのよう。
そんなに長い曲ではなかったのですが,ゾクゾクするような高揚感を味わえました。ブラボー!
「一時期のメタリカっぽいよね」なんて感想を嫁さんにあっさり無視されながら,一人で酔っぱらって盛り上がっていたのでした・・・

まあ,現代音楽に限らず,何事も食わず嫌いはよくないという事ですね。
posted by かとう at 19:09| Comment(4) | TrackBack(0) | おもうこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。