2006年09月13日

夜の練習

いわゆるレイトスターターと呼ばれるバイオリン弾きは、一日の大半を仕事と家事に追われ、つかの間の時を見つけては練習します.
必然的に、楽器を触るのは夕食後などの夜が多くなるのですが,その時に問題となるのが楽器の音量.
バイオリンを演奏したことがある人はお分かりかと思いますが、肩に載るくらいの小さい楽器だとは思えないくらい、音がデカいのです.
今住んでいるアパートは、鉄筋造&窓もペアガラスと、防音に関しては大分マシ.
とはいえ、夜遅くに騒音をまき散らすことには抵抗があります.

ミュート1そんな環境で活躍するのが消音器.
バイオリンの駒に重量物を載せることで振動しづらくして、音を小さくしてあげるという便利な小物です.
この写真の消音器は、駒の上にがっちりとウマノリ状態になるもので、その能力は抜群なのですが、何かの拍子に落ちたりでもしたら,薄い木の板で出来ているバイオリンくらいあっさりと破壊してしまうでしょうし、弓と弦の接点あたりが見えなくなってしまうので、気を遣うことも多く、少々弾きづらいのです.
また,弦からの直接音以外,ほぼ完全に楽器の“鳴り”を押さえ込んでしまうので、音程がとりづらく,弾いていて楽しくないという“おまけ”も付いてきます.

ミュート2そこでおすすめなのが、この写真の消音器.
大阪でバイオリン製作をされている岩井さんの所で扱われている商品で、洗濯バサミ+おもりという構造になっています.
この消音器の良い所は、駒の上がすっきりしていて見やすく,落下の心配のないことと、挟む位置で消音能力を調整できること.
音色は少し変わってしまいますが、それでも、ある程度楽器の“鳴り”が残るほどの消音力なので、音程もつかみやすく、とても具合が良いのです.

実は、以前,岩井さんの所に直接お邪魔して購入して以来重宝していたのですが、グループレッスンの時に紛失してしまい、2度目の購入となったこの消音器.
大事に使ってあげようと思います.
posted by かとう at 18:59| Comment(6) | TrackBack(0) | バイオリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

ボリューム交換の結果

以前このBlogでご紹介したプリアンプのボリューム交換
その効果を,自分なりに消化できたので、ご紹介させていただこうと思います.

1.音質面
これは,大した変化なしという結論です。
違いを見つけ出してやるという心構えで聴けば、若干の違いがあると言えばあるのですが、気のせいレベルより少し上と言った程度.
2.操作感
ボリュームの操作感は、軽くなりました.
logカーブにすることで期待していた,音量を絞った状態での微調整のしやすさは、あまり違いなし.
逆に、元々付いていたAカーブのものの方が使いやすかったかも。

・・・という訳で、書いていても面白くない結果になってしまいました.
もちろん、“うちの場合は”という注釈は付きますが、まぁ,こんなこともあるということで.
針小棒大気味に書いた方が、記事としては面白いのでしょうけどね.

ちなみに,外したボリュームは、HPでご紹介させていただいているEL32ppで,再度活躍してもらっていますよ.
ちょっとしたリサイクルです.
posted by かとう at 18:01| Comment(2) | TrackBack(0) | おもうこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

年金問題結果編

年金納付の照会ができない原因がはっきりしないまま時間を過ごすというのは,小心者の私にとって心地の良いものではありませんでした.
市役所の職員さんには,私の携帯を連絡先として伝えてあったのですが、実際に社会保険事務所から電話があったのは、相談に行った次の日の定時前.
多忙だったのか、調べるのに時間がかかったのかは分かりませんが、1週間以内に連絡があれば良い方か、と思っていたので、想像していたよりは“早い”対応でした.

さて,肝心の原因は、やはり住所が違ったまま登録されていたとのことでした。
少しややこしいのですが、私の場合、年金を払う様になってから、A.自宅>>B.学生時代の下宿先>>C.最初に就職した会社の寮>>D.自宅(ディーラー勤務)>>E.自宅,と住所が変わっています.
そして、C.とD.の時代は厚生年金、それ以外は国民年金に加入しています.
社保庁のデータ上の住所は、C.のままになっていたとのこと.
ただ,よく分からないのは、今の住所 E. に,国民年金の納付書がここ数年送られてきている(=ということは、この住所での“登録”があるはず)ということ.
電話してきてくれた職員の方にその辺りを聞いてみたのですが、“手続きはその都度されているようなのですが、特殊なコードで登録されていて・・・”という,よく分からない説明でした.
住民票の本籍と現住所のように、2つの住所を登録できるシステムになっているんですか?と聞いても、“そのようなシステムではないが、あなたの場合は特殊なコード・・・”,という答え.
幸い,というか,当たり前というか、納付歴は全て完納になっているようでしたので、職員さんを残業させることもなかろうと電話を切りましたが、納得のいく説明は最後まで聞けずじまいでした.
本当に,特殊なコードというものがあるのかどうかも知りませんが、どうやら,全幅の信頼のおけるシステムではなさそうだという印象が強く残りました.
分かったのは、私側に落ち度はなかった、ということだけですからね.

皆さんも、一度チェックされておいた方が良いかもしれませんよ.

ちなみに,“インターネット照会システムには,あなたの方で再度申し込みをして下さい”とのことでした.
社会保険事務所経由でやってくれればいいのにね.
まあ,この辺りは,やっぱり、というか、お決まりの,というかの結果でした、ちゃんちゃん.
posted by かとう at 18:05| Comment(2) | TrackBack(0) | おもうこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。